中町町会

八王子まつり2015 中町のまつり風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

八王子まつり初日(金曜日)

 いよいよ中町の祭が始まりました。早朝より御神酒所周りの清掃から始まり、町内頭と町会役員が神様をお迎えするために祭壇を設けました。今年からテントの内側に紅白の幕を張り正面の掛け軸の後ろには壁白という白地に縦じま模様の幕を下げ、三段の祭壇を組み立てた。三方には海の幸山の幸をお供えしました。

 午後六時半から開催する『宵宮の舞』に向けて準備が始まりました。厳しい暑さの中で芸者衆の音合わせに町行く人も足を止めしばし見入っていました。本番が楽しみです!!

 NHKドラマの撮影もあるとのことで、例年以上の観客の前で宵宮の舞が披露された。警備の警察官も多く配置されましたが、ホイッスルのピーピー音でせっかくの三味線太鼓の音色がかき消されてしまったのが、少し残念でしたが、これも通行人の安全を思うといたし方が無いのかな?

 宵宮の舞終了後は香川社中よる居囃子が始まり見事な演奏に酔いしれました。

八王子まつり二日目(土曜)

 香川社中の祭囃子から始まった山車の町内廻り。八幡八雲神社の神官を向かえ御神酒所で神事、氏子総代の山車引き廻しの挨拶は、町民の安全と中町らしい粋な祭りが出来ることへの思いがこめられていました。

 山車は真っ直ぐ八幡八雲神社に向かい、役員が参拝し神社より新たにお札をいただき山車に取り付けました。
境内では、子供たちにはアイスキャンディが配られ三崎町の皆さんとしばしの休憩、休憩中にはNHKの報道班より取材を受けました。中町の辛酉会と三崎町の若者たちは、その脇で「ドッコイ、ドッコイ」と、大いに盛り上がっていました。

 神社の参拝を終えて町内廻りに出発です。途中銀座通りで並木囃子連とパーク壱番街で宮下囃子と又三崎町御神酒所前では町会の山車と『ぶっつけ』まことに壮観でした。

 夕方からは、にわか屋台と一緒に甲州街道に繰り出して、上地区にある多賀神社御神輿の御仮屋まで巡航、爽やかな夜風の中を、子供たちも一生懸命「イーチーニーのヤーイ」と声を張り上げ曳きました。

八王子まつり三日目(日曜)

 今日は朝から絶好の祭り日和、暑さが少し心配ですが「何かあったら辛酉会」の力強い支えがあり安心でした。近年はイベントが目白押しでとにかく忙しい一日でしたね! 

 イベントの数を減らして待ち時間を少なくすれば、子供から大人まで楽しむことが出来る粋でカッコイイ祭りになります。私たちが楽しんで祭りに参加出来れば、見ている人々もきっと楽しんでいただけると思います。来年からの大きな課題ですね。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加