中町々会

中町史

中町史

  中町という町名は大正元年10月1日の町名整理に伴い、横山町と馬乗町の一部地域を合わせて誕生し、平成24年10月1日に百周年を迎えました。大正時代に手織物から近代化が進み、八王子の織物産業が活性化され、各地から織物を求めて大勢の商人が訪れ、中町は商人の交流の場として花街が賑い、現在の八王子の発展に大きく貢献されたと思われます。 

八王子はあと僅か13日で終戦をむかえるという8月2日に空襲に会い、中町を含めた市街地は大打撃を受けましたが、人々は力強く復興に向け努力し、その後の区画整理とともに、放射線通りができ上がると再び商業が発展し、花街も最盛期を迎えたが、地場産業である織物産業の衰退と共に料亭の火が消え、芸者の数も減ってしまった。しかし近年この粋な街が人々の記憶から消え去り史跡化することを惜しんで、再生に向け様々な努力がなされてきています。

中町新聞
中町史